ヒアルロン酸の効果や働き

ヒアルロン酸の効果や働き

 

変形性膝関節症に効果的なサプリメント。
その中でも関節軟骨の機能向上に大変役に立つ成分である、
グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントは大変人気があります。

 

 

ですが、実はもうひとつ重要な役割を果たす成分があるのです。
それは、ヒアルロン酸です。

 

 

変形性膝関節症の薬物治療では、
ヒアルロン酸を関節患部に注射する治療も行われているほどです。

 

 

ヒアルロン酸は私たちの体の中にたくさんあります。
ヒアルロン酸が存在する場所と言えば、目や皮膚、
そして関節内の関節液の中などです。

 

 

ヒアルロン酸の特徴と言えば、なんといってもその水分保持効果。
ヒアルロン酸1グラムあたり
約6リットルもの水分を蓄えることができると言われています。

 

 

そんなヒアルロン酸は、
関節内の関節液の中で重要な役割を果たしています。

 

 

まずは関節をスムーズに動かすための潤滑油、オイルの役割。

 

 

また、衝撃から膝関節を守るクッション材の役割。
関節炎などの炎症を抑える役割。
そして、軟骨へ栄養を送る関節液を助ける役割などです。

 

 

このような役割を果たすヒアルロン酸ですが、
変形性膝関節症などの関節痛にかかっている人の
膝関節液の中のヒアルロン酸の保持量は、
大変少なくなってしまっています。

 

 

ヒアルロン酸はネバネバとした粘り気があり、
年齢によってすり減った軟骨を保護いてくれる役割も持っているのに、
そのヒアルロン酸が少なくなってしまい痛みがひどくなっているのです。

 

 

私たち人間が体に蓄えているヒアルロン酸の量は、
赤ちゃんの時が一番多く、老人になるとその20分の1しかなくなると言います。

 

 

ヒアルロン酸は関節痛だけでなく、美肌効果、細胞の活性化など、
さまざまな効果を期待できる成分です。
ですからサプリメントなどできちんと補ってあげる必要があるのです。

関節の痛みに効果的なサプリメント

つらい関節痛を和らげるために効果的なサプリメントとして注目されているのが、
グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントです。

大手メーカーからも発売されているのですが、
いろいろと種類があり
初めての人にとってはどれを選んで良いのかよくわからないのが正直なところです。

グルコサミンを比較してから選び方は↓のサイトがおすすめです。
価格や成分・続けやすさなどわかりやすく比較しています。

比べて選ぶグルコサミン・コンドロイチン