膝の痛みに効果的な薬

膝の痛みに効果的な薬

変形性膝関節症は放っておくと、
膝関節に水がたまってしまう関節炎を引き起こす可能性のある
進行性の関節症。

 

 

はじまりは無自覚で症状がわかりにくく徐々に進行していきます。
そのため早めの対策や予防策が必要です。

 

 

そのひとつに運動療法があります。
運動療法で改善するのが一番良いのですが、
中には運動が気軽に行えなくなるほど重篤な状態の人もいます。

 

 

そのような場合には、医師の診断のもと、薬を使う場合があります。
では、どのような薬による治療があるのか見ていきましょう。

 

 

湿布薬など

温湿布や冷湿布など、患部の状態によって温めたり冷やしたりして痛みを和らげる。
鎮痛剤の入った湿布を使用する場合もある。

 

装具

サポーターなどで、患部にかかる負担を和らげる。
自分に合った装具を自分用に作る場合もある。

 

鎮痛剤

非ステロイド性炎症性鎮痛薬を使用する。
この鎮痛剤は飲み薬、坐薬、貼り薬などに分けられる。

 

関節内注射

患部に直接注射を行う。使用するのはヒアルロン酸が多い。
ヒアルロン酸は関節液に元々含まれている成分で
なめらかな動きのために補ってあげると効果的。
膝軟骨の修復の役割りも果たしてくれる。

 

ステロイド注射

ヒアルロン酸と同じく、関節に直接注射する。
使用するのは、ステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬)。

 

ヒアルロン酸よりも効果が長く、
早く状態を回復させることができると言われている。
効果に伴い副作用も懸念されているため、
医師のアドバイスをきちんと守ることが大切。

 

物理療法

電気療法や光線療法、温熱療法などが挙げられる。

 

電気療法や光線療法は、低周波や赤外線などの電気を患部にあて血行を促す。
温熱療法は、マイクロ線などで患部を温め症状を緩和する。

 

ここで挙げた薬物療法は、
医師の診断そして判断のもと行うことが鉄則です。
自己判断はかえって症状を悪化さえるおそれがありますので、
安易な自己判断は注意しましょう。

関節の痛みに効果的なサプリメント

つらい関節痛を和らげるために効果的なサプリメントとして注目されているのが、
グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントです。

大手メーカーからも発売されているのですが、
いろいろと種類があり
初めての人にとってはどれを選んで良いのかよくわからないのが正直なところです。

グルコサミンを比較してから選び方は↓のサイトがおすすめです。
価格や成分・続けやすさなどわかりやすく比較しています。

比べて選ぶグルコサミン・コンドロイチン