膝の痛み

膝の痛みに原因

歳をとってきた両親が立ち上がったり、座ったりするたびに「いたたた…」

そう言っていたのを思い出しませんか?

 

 

そのうち自分の膝も同じように痛みを感じるようになり、
立つ座るといった動作がつらくなる。
このようなことが思い当たる人は、少なくないのではないでしょうか。

 

 

では、膝の痛みはどういったことが原因でおこるのでしょう。
膝の痛みの原因は人それぞれでさまざまな原因が考えられますが

 

 

膝の痛みの多くは加齢が原因でおこるものと、
スポーツなどによるもの、このふたつが主な要因であると考えられます。

 

 

このふたつの事柄が原因でおこる膝の痛みは、
変形性膝関節症と呼ばれています。

 

 

まず、加齢が原因で起こる膝の痛み。
これは、40歳を過ぎたころから徐々に表れはじめると言われています。

 

 

関節は骨と骨をつなぐものですが、
その骨と骨の間には軟骨が存在しています。

 

 

この軟骨は関節がスムーズに滑らかに動くためのオイルのような役割と、
また体重や振動などから膝を守るクッション材のような役割を果たしています。

 

 

ですがこの軟骨は消耗品であり自力での再生修復は不可能な部分。

 

 

当然年齢を重ねていくと、この関節軟骨は消耗し、すり減っていきます。
そのため痛みという形で、私たちの体に表れてくるのです。

 

 

始めは軟骨の消耗のため、骨と骨がこすれあい痛みを感じますが、
ひどくなると関節自体が変形してしまうケースもあります。
また女性は男性に比べ筋肉量が少ないため、
関節痛になりやすい人が多いのです。

 

 

次にスポーツが原因の痛み。
膝には通常、普通に歩くだけで体重の2〜3倍、
ランニングをすると体重の4〜5倍の衝撃がかかっています。
スポーツを行えば、当然のように膝の負担になり、膝を支える筋肉までも疲労します。
そのため過度な運動は、関節痛を引き起こす原因になるのです。

 

 

このように大きくふたつ挙げられる膝の痛みの原因ですが、
加齢とスポーツ以外にもいくつか考えられます。

 

 

まずひとつは、肥満によるもの。原因は同じく軟骨の消耗で、
重くなった体重により、負担がかかるというもの。

 

 

そしてもうひとつは、O脚やX脚によるもの
筋肉のバランスが悪いこれらの脚は、
偏った部分だけに負担がかかりやすくなる傾向にあり、
痛みを誘発しやすいと言われています。

 

 

膝の痛み・関節痛は原因により対処方法が変わってきます。
まずは、原因がどこにあるのかから探りましょう!

 

関節の痛みに効果的なサプリメント

つらい関節痛を和らげるために効果的なサプリメントとして注目されているのが、
グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントです。

大手メーカーからも発売されているのですが、
いろいろと種類があり
初めての人にとってはどれを選んで良いのかよくわからないのが正直なところです。

グルコサミンを比較してから選び方は↓のサイトがおすすめです。
価格や成分・続けやすさなどわかりやすく比較しています。

比べて選ぶグルコサミン・コンドロイチン